Carousel imageCarousel imageCarousel image Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

石垣 陽(いしがき よう) / Yo Ishigaki, Ph.D

  • 工学者、デザインエンジニア

  • 専門分野:リスク情報学

  • 研究テーマ紹介:

    • 「リスク情報弱者」を救済するために、市民だれもが扱えるセンサ(測定器)を開発しています。リスク情報弱者とは、災害や健康被害の大きなリスクが存在するのを知らずに過ごしてしまう方々や、逆にリスクが小さいにも関わらず過剰に心配して疲労困憊してしまう方々です。福島第一原発事故の直後には放射線量の測定・共有・議論が進展せず一時パニック状態となりました。そこで一般市民に向けて世界初のスマホ接続型放射線センサ「ポケットガイガー」を普及させました。この技術はアメリカ西海岸や、福島の帰還困難区域でも活用されている他、医療従事者の診療用X線による被爆低減に役立てられています。さらにインドネシアでは鉱山由来のトリウムやウランによる高レベル放射線量地域に住んでいる人々が多く居るため、GPSと組み合わせて地域の放射線量を可視化する活動も行っています。またアフリカや東南アジアでは室内空気の汚染により年間330万人が早死しているとされ深刻な問題になっています。そこで携帯型の「ポケットPM2.5センサ」を開発し、個人曝露量の正確な可視化と、その改善に向けた環境のシミュレーションを提供しているところです。またCOVID-19のパンデミックでは、密集・密閉の度合いを測定する「ポケットCO2センサー」をいち早く普及させ、国や行政と連携しながらエアロゾル感染の予防や、クラスター発生場所への立ち入り調査と再発防止のための提言をしています。オープンイノベーションにより、アート・デザイン・エンタテイメントの手法を取り入れながら、新しい医療機器の開発も行っています。

  • 所属組織:国立大学法人 電気通信大学 特任准教授

  • 所属学会:なし(特定の学会には所属しません)

  • 住所:〒182-8585 東京都調布市調布ケ丘1丁目5−1 電気通信大学 東2-509研究室


学位:

  • 博士(工学、電気通信大学)

  • 修士(芸術、多摩美術大学)


受賞歴:

  • 日本国際賞平成記念研究助成授与(2020)

  • 地方発明表彰 文部科学大臣賞受賞(2019)

  • 経済産業賞 第7回日本ものづくり大賞 経済産業大臣賞受賞(2018)

  • 宮城県「みやぎ優れMONO」認定(2018)

  • 宮城県「みやぎ優れMONO」認定(2016)

  • 東京都世界発信コンペティション受賞(2016)

  • 復興庁「新しい東北」復興ビジネスコンテスト受賞(2015)

  • ドイツRedDotデザイン賞(2013)

  • グッドデザイン賞(2012)

  • 国際デザインコンペティション(2010)


公的活動等

  • 環境省:令和3年度原子力災害影響調査等事業(個人被ばく線量における不安解消・軽減を目 的とした住民の特定行動における被ばく線量推定の調査・検討) 被ばく線量推定に係る行動調査のあり方検討委員会, 2022, 委員

  • 総務省:途上国における教育・保健医療分野等でのデジタル活用の海外展開に関する調査実証(2021-2022). 外部有識者

  • 東京消防庁 情報通信運営員会 委員, 2020-2021

  • JICA SDGs事業:弱視の子どもたちの視力回復に向けた普及・実証・ビジネス化事業(2019-), 業務主任者

  • JICA SDGs事業:インド国タブレット型視機能訓練器による弱視の子どもたちの視力回復プロジェクト案件化調査(2017-2018), 業務主任者

  • JICA ルワンダ国ECD・教育分野における情報収集・確認調査(QCBS), 2021-2022, 外部有識者

  • 経済産業省 地域中核企業創出・支援事業:アフリカ・ルワンダをゲートウェイとした市民・行政による環境計測ソーシャルビジネス, 外部専門家 (2018-2019)


メディア出演

  • 調布経済新聞Yahooニュース:調布で飲食店のCO2濃度をネット配信する実証実験 参加店募集, 2022/4/15

  • NHK京都放送局 京いちにちニュース0630(京都府との換気対策の取り組み),2022/3/29

  • NHK首都圏ネットワーク(ライブハウスの換気改善について), 2022/3/28

  • 東京新聞「ポケットCO2センサー」の紹介, 2021/3/28

  • リビング京都(家庭でも役に立る 換気のコツ),2022/3/26

  • 朝日新聞「冬の飲食店、換気してもCO2高いなぞ 調査に同行してわかったこと」,2022/2/17

  • 京都府民だより2月号「新型コロナウイルス感染症情報」,2022/4, Vol.490

  • 日経クロステック「アルコールで誤動作するCO2センサー コロナ対策の形骸化招く」,2022/2/7

  • 埼玉新聞「二酸化炭素測定器を配布」,2021/12/19

  • 東京新聞「アクリルパーティションについて」,2021/9/11

  • 夕刊フジ「アクリルパーティションについて」,2021/9/7

  • 朝日新聞出版「AERA」(二酸化炭素センサについて),2021/8/25

  • 日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」(ドライアイスの危険性を示す実験),2021/8/17

  • テレビ朝日「報道ステーション」(独自検証:CO2センサー"粗悪品か"密"反応せず), 2021/8/10

  • 日本経済新聞(地方経済面・電子版)(公共施設でのCO2測定実証実験),2021/6/28・29

  • 日本テレビ「Going!」(ヴィジュアル系バンドとのライブハウスでの換気実証実験),2021/6/12

  • 朝日新聞出版「AERA」(パーティションの使い方),2021/6/4

  • TBS「あさチャン」・日本テレビ「ZIP!」(ビニールシートクラスターについて),2021/6/4

  • フジテレビ「めざまし8」(ビニールシートクラスターについてフィールドスタディの取材とスタジオでの解説),2021/6/3

  • 日本テレビ「news every.」(ビニールシートクラスターについて),2021/6/1

  • テレビ朝日「グッド!モーニング」(ビニールシートクラスターについて),2021/5/31

  • 読売新聞(換気効果データ分析),2021/5/5 

  • テレビ朝日「スーパーJチャンネル」(仮面女子とのサイレント換気の実証実験),2021/4/25

  • フジテレビ「めざまし8」(CO2測定の実証実験),2021/4/14

  • 日本テレビ「NEWS ZERO」(調布商店街との三密回避の取り組み),2021/4/9

  • TBSテレビ「NEWS 23」(入学式や調布商店街との実証実験),2021/4/6

  • TBSテレビ「Nスタ」(入学式や調布商店街との実証実験),2021/4/5

  • 日本テレビ「スッキリ」(入学式や調布商店街との実証実験),2021/4/2

  • TBSテレビ「はやドキ!」(入学式や調布商店街との実証実験),2021/4/2

  • テレビ朝日「サタデーステーション」(調布商店街との実証実験),2021/3/27

  • フジテレビ「とくダネ!」(調布商店街との実証実験),2021/3/26

  • NHK総合「首都圏ネットワーク」(地下アイドルとの実証実験),20221/2/18

  • NHK総合「ニュース シブ5時」(地下アイドルとの実証実験),2021/2/16

  • フジテレビ「ライブニュース イット」(マスクの効果的な着用方法),2021/2/12

  • テレビ朝日「大下容子ワイドスクランブル」(マスクの電子顕微鏡写真を紹介),2021/2/10

  • フジテレビ「とくダネ!」(マスクの正しい装着方法),2021/2/5

  • フジテレビ「とくダネ!」(マスクの正しい装着方法),2020/12/14

  • フジテレビ「とくダネ!」(三密回避のためのCO2測定),2020/11/16

  • フジテレビ「日曜報道 THE PRIME」(飲食店でのCO2濃度可視化等研究紹介), 2020/11/13

  • NHK総合 ニュース「首都圏ネットワーク」及び「ニュースきょう一日」出演(三密を可視化するCO2測定の研究、2020/11/11

  • 日本テレビ「NEWS ZERO」(劇場でのCO2濃度を可視化する実証実験), 2020/10/24

  • 日本テレビ「スッキリ」(アイドルライブでのCO2濃度可視化の実証実験), 2020/10/16

  • 朝日新聞:CO2濃度測り3密可視化, 2020/10/15, 夕刊(1面トップ6段)

  • NHK Eテレ ETV特集 (2020)「マスクが消えた日々〜医療現場をどう守るのか」(オリマスク開発の2週間にわたる密着取材、放映59分)

  • 日経ヘルス:新型コロナ情報アップデート「マスクの有効性」2020年10月号 pp.108-110

  • 朝日新聞:夏マスク、どう選ぶ「密リスクが高い日は不織布を」 [新型コロナウイルス]、2020年7月12日(朝刊)、デジタル版

  • 河北新報:マスク「高性能追及 製造も簡単・不織布折り、高電圧で捕集率向上」2020年5月9日

  • インド国営放送TV9 Gujaratiニュース番組 出演(2020)

  • NHKワールド「great gear」出演(2019)

  • 米国公共放送(PBS)ドキュメンタリー番組「THIS IS AMERICA」 出演(2017)

  • TBC東北放送ニュース番組 Nスタみやぎ 出演(2017, 2020)

  • 韓国放送公社(KBS)ドキュメンタリー番組「Panorama」出演(2013)

  • 仏ル・モンド紙、オランダVolkskrant紙、日経デザイン誌などに取材記事掲載(2011-2012)【】


学術論文(査読付き)

  1. Shingo Sekoguchi, Kazunori Ikegami, Hajime Ando, Hidetaka Yoshitake, Hiroka Baba, Yo Ishigaki, Takashi Moritake, Toshihiko Myojo and Akira Ogami: Visualization of Dust Generation in Outdoor Workplace Using A Wearable Particle Monitor and Global Navigation Satellite System, J. UOEH, 44 (1) : 1-13 (2022).

  2. Win-Yu Aung , Paw-Min-Thein-Oo , Zaw-Lin Thein , Sadao Matsuzawa , Takehiro Suzuki , Yo Ishigaki , Akihiro Fushimi , Ohn Mar , Daisuke Nakajima and Tin-Tin Win-Shwe: Effect of COVID-19-restrictive measures on ambient particulate matter pollution in Yangon, Myanmar, Environmental Health and Preventive Medicine (2021) 26:92.

  3. Hiroko Kitamura, Yo Ishigaki, Tomoko Kuriyama, Takashi Moritake, CO2 Concentration Visualization for COVID-19 Infection Prevention in concert halls, Environmental and Occupational Health Practice, 2021 ,Volume 3 ,Issue 1. DOI https://doi.org/10.1539/eohp.2021-0010-OA

  4. T.T. Win-Shwe, Z.L. Thein, W.Y. Aung, E.E.P.N. Yi, C. Maung, N.C. Nway, Z. Thant, T. Suzuki, O. Mar, Y. Ishigaki, D. Nakajima: Improvement of GPS-attached Pocket PM2.5 Measuring Device for Personal Exposure Assessment, Journal of UOEH, 42 (4): 307-315, 2020.

  5. N.C. Nway, W.Y. Aung, E.E.P.N. Yi, Z. Thant, M. Yagishita, Y. Ishigaki, T. Suzuki, D. Nakajima, T.T. Win-Shwe, O. Mar: Seasonal and regional variation of particulate matter dispersion in Yangon City and Taunggyi City, Myanmar, Earth and Environmental Science, 496: (2020), doi:10.1088/1755-1315/496/1/012003

  6. E.E.P.N. Yi, W.Y. Aung, N.C. Nway, Z. Thant, M. Yagishita, Y. Ishigaki, D. Nakajima, T.T. Win-Shwe, O. Mar: Distribution of particulate matter (PM10) concentration in seven townships of Yangon, Myanmar, Earth and Environmental Science, 496: (2020), doi:10.1088/1755-1315/496/1/012005

  7. T. Fujibuchi, A. Inoue, Y. Ishigaki, Y. Matsumoto: Development of a wireless multisensor active personal dosimeter–tablet system, Progress in Nuclear Science and Technology(Article), Vol.6, 2019, pp.73-76. DOI:10.15669/pnst.6.73.

  8. T. Fujibuchi, Y. Nozaki, Y. Ishigaki, Y. Matsumoto: Estimation of the characteristics of gamma-ray dose measurements with an experimental wireless dose monitoring system, Progress in Nuclear Science and Technology (Technical material), Vol. 6, 2019, pp.77-80, DOI: 10.15669/pnst.6.77

  9. E.E.P.N. Yi, N.C. Nway, W.Y. Aung, Z. Thant, T.H. Wai, KK. Hlaing, C. Maung, M. Yagishita, Y. Ishigaki, T.T. Win-Shwe: Preliminary monitoring of concentration of particulate matter (PM2.5) in seven townships of Yangon City, Myanmar, Environ Health Prev Med, 2018; 23: 53. DOI: 10.1186/s12199-018-0741-0,

  10. K.Terasaki, T.Fujibuchi, H. Murazaki, T.Kuramoto, Y.Umezu, Y. Ishigaki and Y.Matsumoto: Evaluation of basic characteristics of a semiconductor detector for personal radiation dose monitoring, Radiological Physics and Technology, Vol.10, Issue 2, Jun. 2017, pp.189–194, 10: 189. DOI: 10.1007/s12194-016-0384-z

  11. Segault , F.Tajariol, Y.Ishigaki and I.Roxin: Sharing Radiation Measurements Through Social Media: A Methodological User-Oriented Proposal Set of Guidelines, International Journal of Information Systems for Crisis Response and Management (IJISCRAM), Vol. 8 Issue 2, April 2016, pp.17-30. DOI: 10.4018/978-1-5225-6195-8.ch079

  12. 藤淵 俊王 村﨑 裕生, 倉本 卓, 梅津 芳幸, 石垣 陽: 医療従事者被ばく管理のためのエネルギー補償型ワイヤレス線量モニタリングシステムの試作と評価(速報), 日本放射線技術学会雑誌 71(8), 2015, pp.691-696.

  13. Y.Ishigaki, Y.Matsumoto, R.Ichimiya, and K. Tanaka: Development of Mobile Radiation Monitoring System Utilizing Smartphone and Its Field Tests in Fukushima, IEEE Sensors, Vol.13, No.10, Oct. 2013, pp.3520-3526. DOI: 10.1109/JSEN.2013.2272734. Online: https://ieeexplore.ieee.org/document /6557456/

  14. 石垣 陽, 田中 健次, 伊藤 誠: フェロモンコミュニケーションを利用した自律移動型センサ群による監視の高信頼度化,計測自動制御学会論文集, 40巻 1号, 2004, pp.94-101. https://doi.org/10.9746/sicetr1965.40.94


プレプリント(論文投稿中)

  1. Yo Ishigaki, Shinji Yokogawa, Tatsuo Kato: Evaluation and risk communication of effects of alcohol exposure on disposable procedure masks and portable air purifiers, medRxiv 2022.04.07.22273564; doi: https://doi.org/10.1101/2022.04.07.22273564

  2. Hiroko Kitamura, Yo Ishigaki, Hideaki Ohashi, Shinji Yokogawa: Workplace ventilation improvement to address coronavirus disease 2019 cluster occurrence in a manufacturing factory, medRxiv 2022.04.04.22271935; doi: https://doi.org/10.1101/2022.04.04.22271935

  3. Yo Ishigaki, Shinji Yokogawa, Yuki Minamoto, Akira Saito, Hiroko Kitamura, Yuto Kawauchi: Investigation of air change rate and aerosol behavior during an outbreak of COVID-19 in a geriatric care facility, medRxiv 2022.01.27.22269512; doi: https://doi.org/10.1101/2022.01.27.22269512

  4. Shinji Yokogawa, Yo Ishigaki, Hiroko Kitamura, Akira Saito, Yuto Kawauchi, Taisei Hiraide: Prevention of SARS-CoV-2 airborne transmission in a workplace based on CO2 sensor network, medRxiv 2022.03.04.22271934; doi: https://doi.org/10.1101/2022.03.04.22271934

  5. Yo Ishigaki, Yuto Kawauchi, Shinji Yokogawa, Akira Saito, Hiroko Kitamura, Takashi Moritake: Experimental investigation to verify if excessive plastic sheeting shielding produce micro clusters of SARS-CoV-2 medRxiv 2021.05.22.21257321; doi: https://doi.org/10.1101/2021.05.22.21257321

  6. Yo Ishigaki, Koji Enoki, Shinji Yokogawa: Accuracy verification of low-cost CO2 concentration measuring devices for general use as a countermeasure against COVID-19, medRxiv 2021.07.30.21261265; doi: https://doi.org/10.1101/2021.07.30.21261265


国際会議プロシーディング

  1. Y. Ishigaki, Y. Matsumoto, K. Shozugawa, M. Hori, K. Shimazaki and K. Tanaka, "Needs assessment and prototype of a low-cost radiation monitoring system for citizens in Fukushima," 2022 International Electrical Engineering Congress (iEECON), 2022, pp. 1-4, doi: 10.1109/iEECON53204.2022.9741656.

  2. Nagato Konishi, Yo Ishigaki, Tsubasa Nakada, Wataru Nemoto, Seizi Iinnuma, Taisuke Hoshino, Kazunori Ohkawara, "Development and demonstration of a prototype system for the early detection of drowning," 2022 International Electrical Engineering Congress (iEECON), 2022, pp. 1-2, doi: 10.1109/iEECON53204.2022.9741594.

  3. Y. Ishigaki, H.A. Pradana, S. Permana, K. Tanaka: Dose-rate Mapping Using Smartphone for Risk Awareness in Local Residents and Workers at Zircon Sand Facility in Bangka Island in Indonesia, IRPA15, 15th International Congress of the International Radiation Protection Association, 11-15 May, 2020, COEX, Seoul, Korea

  4. Y. Ishigaki, T. Yoda, I. Elisephane, Y. Matsumoto, K. Tanaka: Monitoring Household Air Pollution Caused by Open Fire Stoves in Rwanda, Proc. of the 16th Conference of the International Society of Indoor Air Quality & Climate (Indoor Air 2020) COEX, Seoul, Korea , July 20 - 24, 2020.

  5. K. Tsuchiya, T. Moritake, Y. Ishigaki, N. Kosukegawa: Development of a Radiation-Detection Simulator with Smartphones and Beacons for First Responders Against Radiological Threat, Proc. of 4th International CBRNe Workshop, 8 Nov 2018 (Rome) 【Best Poster Award受賞】

  6. Y.Ishigaki, K.Tanaka, Y.Matsumoto, Y.Y.Maruo and H.A.Pradana: Citizen Sensing for Environmental Risk Communication, Proc. of The Second International Conference on Cyber-Technologies and Cyber-Systems (CYBER), Oct 2017 (査読有)

  7. Y.Ishigaki, T.Moritake, Y.Matsumoto and K.Tanaka: Development of CO2 Monitor and Alarm for Professional Drivers, Asia Pacific Symposium on Safety (APSS), Nov 30-Dec 1, 2017

  8. Y.Ishigaki et al.: Agile Way of Risk Awareness by Smartphone-Connected Environmental Sensors, International Conference on Information Systems for Crisis Response and Management (ISCRAM), May 2017 (査読有)

  9. Y.Ishigaki et al.: Pollution Mapping by Smartphone Becoming Real Possibility , International Conference on Civil, Disaster Management and Environmental Sciences(CDMES), Feb 2017 (査読有)

  10. K.Bando, Y.Matsuno, Y.Ishigaki and K.Tanaka: Trend Analyses of Failures in Information Systems-A Case Study on Communications Networks and Financial Information Systems , Proc.of The 22nd IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing (PRDC), Jan 2017 (査読有)

  11. Y.Ishigaki et al: Wisdom of Crowds for Reliable Discussion and Need Finding: A Case Study of Information Sharing Regarding Radiation after the Fukushima Nuclear Disaster, Proc. of the 50th Hawaii International Conference on System Sciences (HICSS), Jan 2017, 323-331 (査読有)

  12. K.Bando, Y.Matsuno, Y.Ishigaki, K.Tanaka: A Prototype Implementation of a Failure Database for Information Sharing with the General Public - A Case Study on Radiation Risk Information after Fukushima Nuclear Disaster (Fast Abstract), Proc. of the 46th Annual IEEE/IFIP International Conference on Dependable Systems and Networks (DSN), Jun 2016 (査読有)

  13. Y.Ishigaki et al.: Participatory Radiation Information Monitoring with SNS after Fukushima (Short paper) , Proc. of International Conference on Information Systems for Crisis Response and Management (ISCRAM), 2015 (査読有)

  14. Y.Matsumoto, Y.Ishigaki and K.Tanaka: Wi-Fi connected environmental measurement system by small-scale solar cell, 9th International Conference on Sensing Technology (ICST), 8-10, Dec 2015 (査読有)


専門雑誌・解説記事

  1. 石垣 陽:マスクにおけるエレクトレット技術の応用(特集解説), 静電気学会誌, 46, 2 (2022), pp. 65-69.

  2. 石垣 陽:CO2の可視化による感染症予防の取り組み, セイフティ・エンジニアリング(SE誌), 第48巻(2) 203号 / 2021年6月1日発行, 27-31, 公益財団法人 総合安全工学研究所

  3. 石垣 陽:感染症対策としての空気の品質管理 : CO₂濃度の例, 品質 51(2), 131-135, 2021-04, 日本品質管理学会, ISSN0386-8230

  4. 石垣 陽:マスクの安全を守る静電気技術, セイフティ・エンジニアリング(SE誌), 第48巻(1) 202号 / 2021年3月1日発行,15-20, 公益財団法人 総合安全工学研究所

  5. 丸尾 容子, 澤石 諒, 金子 善明, 石垣 陽, 松本 佳宣, 本田 裕二: 小型大気計測センサを用いた仙台港周辺での環境測定, 東北工業大学 地域連携センター紀要 『EOS』 Vol.31 No.1, 2018

  6. 丸尾 容子, 石垣 陽,松本 佳宜: PM2 . 5センサとNO2及びO3パッシブサンプラを用いた仙台港周辺の大気環境測定 第24回大気環境学会 北海道東北支部 要旨,2017/10/13

  7. 石垣 陽 , 加藤 逸子, 白倉 裕二郎 , 権 軍: 組織事故としての患者取違事故における防護の失敗 伊藤 誠 , 電気通信大学紀要 13(2), 201-207, 2001-01

  8. 石垣 陽, 下村 武史,渡並 智: 警備システムにおける情報セキュリティのジレンマ(解説), システム/制御/情報 : システム制御情報学会誌, 51(4), 181-186, 2007


書籍

  1. Yo Ishigaki and Kenji Tanaka, Smartphone Solutions for Citizen-Centered Risk Monitoring in Environmental Disaster Situations, Digital Services in Crisis, Disaster, and Emergency Situations, edited by Lídia Oliveira, et al., IGI Global, 2021, pp. 1-30. http://doi:10.4018/978-1-7998-6705-0.ch001 (open access)

  2. 暮らしと人を見守る水センシング技術研究調査委員会 監修:暮らしと人を見守る水センシング技術, シーエムシー出版, 2019年6月14日発行(4.3 ゲリラ豪雨の検知と通知技術を担当)

  3. 環境・福祉分野におけるスマートセンシング調査研究委員会 監修:環境と福祉を支えるスマートセンシング, シーエムシー出版, 2016年6月7日発行(3.8 参加型の放射線モニタリング事例を担当) 【一般社団法人電気学会『第20回優秀技術活動賞 グループ著作賞』受賞】

  4. 環境・福祉分野におけるスマートセンシング調査研究委員会 監修:スマートセンシングの基礎と応用, 2017年10月5日発行(3.8 参加型の放射線モニタリング事例を担当、2と同内容を教科書向けに再編集)


学会発表・講演・シンポジウム

  1. 石垣 陽:COVID-19感染症対策のためのスマート環境センシング、電気学会全国大会シンポジウム講演、「Society5.0における環境・農業センシング最前線」S18-1, オンライン、2022年3月21日

  2. 【招待講演】石垣 陽:COVID-19 クラスター発生場所における室内環境測定と介入改善の事例紹介, 第28回大気環境学会令和2年度北海道東北支部学術集会 要旨集, pp. 9-10, オンライン, 2121年11月9日

  3. 【招待講演】石垣 陽:CO2センサによるSARS-CoV-2の飛沫核感染予防と行動変容の実践, 電子情報通信学会 信学技報, vol. 121, no. 158, R2021-24, pp. 14-19, 2021年8月. (ISSN 0913-5685)

  4. 盛武 敬、石垣 陽、棚橋 善克:モバイルCO2センサによる病院での密集・密閉の可視化、第30回日本産業衛生学会全国協議会、2020.11.20-11.30(Web開催)

  5. Kazuko Eto, Yo ishigaki, Kenji Tanaka, TaKashi Yoda, Muneo Matsukawa: Interview survey of subjective symptoms of smoke from traditional cooking stoves in Rwanda, 第9回国際ヘルスヒューマニティーズ学会, 2020/10/23-24. (Web開催)

  6. 横川 慎二、石垣 陽、遠藤 駿、高原 廉、川内 雄登: Ambient Intelligence(環境知能)によるフリーアドレススペースのリスク評価第11回横幹連合コンファレンス2020.10.8OS15-C-1-4、 統計数理研究所、2020

  7. 盛武 敬、石垣 陽、千葉 喜代志:大規模放射線災害発生時のサージカルマスク不足に備える組み立て式立体マスクORIMASK(オリマスク)の開発とその簡易性能評価、第9回日本放射線看護学会学術集会、2020.9.26-27、広島(オンライン開催)

  8. 栗山 知子、五十嵐 友紀、茂呂田 孝一、石垣 陽、盛武 敬:不織布マスク着用下における運動時の呼吸困難感,心拍数変化ーランナーのデータ解析による検討ー、令和2年度産業医科大学学会(Web開催)、2020.10.1-30.

  9. 茂呂⽥ 孝⼀、盛武 敬、栗山 知子、千葉喜代志、五⼗嵐友紀、石垣 陽:パンデミック発⽣時のサージカルマスク不⾜に備える~組み⽴て式⽴体マスクORIMASK(オリマスク)の開発とその簡易性能評価、令和2年度産業医科大学学会(Web開催)、2020.10.1-30.

  10. 依田 隆志、石垣 陽、松本 佳宣:アフリカ・ウガンダ及びルワンダにおける簡易型大気汚染測定局の実証、環境科学会、2020/9/19-20. (online)

  11. 石垣 陽、田中 健次、 半田 知也、緒方 壽人:見えない液晶「ホワイトスクリーン」の 広告・アート・医療機器への応用、情報処理学会インタラクション2020論文集、1B-12、pp.227-228、2020年3月2日

  12. 【基調講演】Y. Ishigaki: Dose Rate Visualization by Wearable Sensors, Asian Physics Symposium (APS 2019), October 3 – 4, 2019, Bandung, Indonesia

  13. 世古田 真吾、盛武 敬、吉武 英隆、安藤 輩、池上 和範、石垣 陽、明星 敏彦、大神 明:ウェアラブル粉じん系試作機の性能評価、第29回日本産業衛生学会全国協議会、2019年9月、仙台

  14. 依田 隆志、山口 高明、松川 宗夫、松本 佳宣、石垣 陽、江藤 和子、柴田 陽子、Ggombe Kasim Munyege, Elisephane Irankund: アフリカ・ルワンダでの室内大気汚染の実情(The situation of indoor air pollution in Rwanda, Africa), 室内環境学会大会, 2019.12.5-7, 沖縄

  15. 依田 隆志、山口 高明、松川 宗夫、松本 佳宣、石垣 陽、江藤 和子、柴田 陽子、Ggombe Kasim Munyege, Elisephane Irankund: アフリカ・ルワンダにおける大気汚染、第60回大気、環境学会年会、2019.9.18-20, 東京農工大学

  16. 【招待発表】石垣 陽: シンポジウム「室内環境のその先」:小型センサーによる計測の観点から,室内環境学会学術大会要旨集, p.12, 2018.12(東工大)

  17. 土屋 兼一, 盛武 敬, 石垣 陽, 小助川 典久, 植原 啓介, 松本 佳宣, 田辺 鴻典, 黒沢 健至, 秋葉 教充, 角田 英俊, 井元 大輔, 平林 学人, 羽合 佳範, 黒木 健郎: 仮想放射線測定システムUSOTOPEの開発~核セキュリティ対策における効果的な訓練のために~, 日本核物質管理学会 第39回年次大会 要旨, 2018/12 (東大)

  18. 【招待講演】石垣 陽: 社会を巻き込むモノづくり~中小企業オープンイノベーション, 豊川商工会議所企画セミナー, 2018.12 (豊川市商工会館)

  19. 【シンポジウム登壇】石垣 陽: 復興に活かす放射線技術学~市民参加による放射線情報の共有・議論そして合意形成へ~ポケットガイガーを事例として, 第46回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2018.11 (仙台)

  20. K. Tsuchiya, T. Moritake, Y. Ishigaki, N. Kosukegawa, K. Uehara, Y. Matsumoto, K. Tanabe, K. Kurosawa, N. Akiba, H. Kakuda, D. Imoto, M. Hirabayashi, Y. Hawai, K. Kuroki: Development of Effective Training Methods for First Responders Against Radiological Threat, EAFS 2018 - 8th European Academy of Forensic Science, 27-31 August 2018 in Lyon, France.

  21. 【招待講演】石垣 陽: 市民・行政・専門家の連携による環境監視・減災支援基盤の構築と社会実装, 信学技報, Vol.118, No.13, pp.1-4, 2018.4.24 (機械振興会館)

  22. 【招待講演】石垣 陽: 医療機器から始める中小企業オープンイノベーション成功事例, MedTech Japan, 東京ビックサイト, Apr 2018(予定)

  23. 石垣 陽, 森 康彰, 松本佳宣, 田中健次: 市民向けモバイルPM2.5センサによる各国都市部での可視化実験, 第58回大気環境学会年会, Sep 2017

  24. 盛武 敬, 石垣 陽, 土屋 兼一, 小助川 典久: 放射線災害や核テロを想定した教育訓練用仮想放射線測定システムUSOTOPE, 第90回日本産業衛生学会(東京ビックサイト), May 2017

  25. 石垣 陽,田中健次: 市民・行政・専門家の連携による参加型環境モニタリングの実現, SICE システム・情報部門学術講演会, Dec 2016

  26. 石垣 陽,盛武 敬,松本佳宣, 田中健次: IoT型CO2センサの試作とフィールド調査, 第56回日本労働衛生工学会・第37回 作業環境測定研究発表会, Nov 2016

  27. 石垣 陽, 盛武 敬, 土屋 兼一, 小助川 典久: スマートフォンとBLEビーコンによる教育・訓練用仮想放射線測定システム「USOTOPE」, 第53回アイソトープ・放射線研究発表会(東京大学), Jul 8, 2016

  28. 【招待講演】Y. Ishigaki: Pollution mapping by Smartphone becoming real possibility - Case study for PM2.5, CO2 and radiation monitoring -, MEMS Engineer Forum 2017, April 26-27, KFCホール(東京)

  29. 【招待講演】石垣 陽: スマホ参加型 IoT ビジネス・イノベーションをビジネスに繋げる秘訣と、その課題, MEMSセンシング&ネットワークシステム展2016「Sensor×Device×Network System マッチングフォーラム」, 2016.9.16 (パシフィコ横浜)

  30. 松野 裕, 石垣 陽, 坂東 幸一, 木藤 浩之, 河野 理愛, 田中 健次: D-Caseに基づく議論構造可視化支援ツールのプロトタイプ開発と、スマートコミュニティにおける合意形成へ向けた基礎実験, (知能ソフトウェア工学) 電子情報通信学会技術研究報告: 信学技報, 115(487), 91-95, 2016-03-03

  31. 【招待講演】Y. Ishigaki: Participatory Sensing and Risk Communication for Nuclear Disaster, 日経BP主催Trillion Sensors Summit Japan 2014(目黒雅叙園)

  32. 【招待講演】田中 健次, 松本 佳宣, 石垣 陽: ビッグデータを活用した放射線測定の新トレンド、IEEE Japanプレスセミナー、2014年2月19日

  33. 石垣 陽, 茅野 貢: セキュリティを基軸とした社会サービスデザイン : 生活情報の可視化による無形の価値創造(サービスデザイン(特設テーマセッション),日本デザイン学会 デザイン学研究発表大会概要集 (56), 120-121, 2009(グッドプレゼンテーション賞受賞)

  34. 石垣 陽 , 松本 泰: タイムスタンプ相互運用性確保のためのアクションリサーチ : Challenge PKI 2003 プロジェク, 電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ 104(315), 27-31, 2004-09-10


特許

  1. 視能訓練装置, 特許第5864794号, 2016.2.17発行

  2. 画像配信システム, 特許第5159381号, 2013.3.6発行

  3. 安心表示システム, 特許第5154377号, 2013.2.27発行

  4. 安心表示システム, 特許第5085515号, 2012.11.28発行

  5. 安心表示システム及び安心表示装置, 特許第5085516号, 2012.11.28発行